見えそで見えない見たいもの

新潮8月号を一通り読み終えたことにした。岸政彦さんの書いた「世界の断片を集める」に首の骨がすり減るほど頷くなどする。感想は後ほど追記の予定